投資競馬情報ブログ

投資競馬で稼げるようになりたい!競馬の情報をどんどん配信していきます!
kuji-1.gif
100(メルマネ)円当たるくじ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 投票券 (公営競技) | main | 的中した投票券の配当 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
馬券の発売形式
発売単位

各投票券の発売単位の最低は100円単位である。これは「発売額面は1枚分が10円の投票券を10枚束ねたものを代表として発売する」という各根拠法の部分に依拠する(ちなみに各競技場で発券された券面にも「1枚が10円」か、「表示の1枚は本来の1枚分10円を10枚束ねた100円相当」である旨記載されているのもこれが根拠である)。

現在のような自動発券機によるマルチ投票券の発売が行われる前には,1枚100円の投票券が発売されていた。また,「特券(とっけん)」(現在でもわずかに聞かれる用語である)と呼ばれる1000円単位の投票券も発売され,それを組み合わせて購入していた。なお、購入の際はそれぞれの買い目ごとに窓口が設定されていて、購入者はいくつも窓口を渡り歩いて購入していた。当時は枠連での発売だったので可能だった。このことから当時の投票券の買い方に由来する「穴場」という言葉が生まれた。

なお、配当金額が100倍を超える投票券は、10枚(1票)100円を購入しただけで1万円以上の配当が得られるため、それらの馬券・車券・舟券は俗に、万馬券(まんばけん)・万車券(まんしゃけん)・万舟(まんしゅう)とそれぞれ呼ばれる。

発売単位の例外

一部の発売場所(場内・場外問わず)では発売単位が500円や1000円などとなっている場合もある。これは、客の動線上便利なところにあり、必然的に混雑が見込まれる場所や、場外売場において面積が狭いという理由で来客を絞りたい場合(JRAの場外馬券売場であるウインズ銀座通りが代表例)や、入ってすぐのフロアの混雑を避けるため(同じく多くのウインズでは100円単位の発売を行っていると利用者向けに告知している場外であっても、1階は500円単位、2階以上に行けば100円単位という発売形式を取っている)という理由が大半を占める。また、日本の中央競馬の主要レース開催日(クラシック競走や天皇賞(春・秋)、有馬記念など)は一部のウインズによっては発売単位を切り上げたり、あるいは発売レース数を制限(後半6レースなど)する事例もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録