投資競馬情報ブログ

投資競馬で稼げるようになりたい!競馬の情報をどんどん配信していきます!
kuji-1.gif
100(メルマネ)円当たるくじ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
競馬にまつわる議論
外国の馬名の表記

日本の競走馬の名称は、カタカナ9文字までに制限されているが(競走馬#競走馬名参照)国際レースの増加などで、現地語で付けられている外国の競走馬の名称を、日本国内で何らかの形で表記する必要が増大している。通常は、日本の競走馬名と同様にカタカナで表記されることが多い。

ただ、一般的に外国語をカタカナ表記しようとすると、「v」や「th」、「l」と「r」、無声音、促音や拗音などの表現の問題がある。これは普遍的な問題なので、ここでは詳述しない。

競馬に関して特別に発生する問題は、いくつかの原因によって生じている。

1. そもそも元になる外国語の名前が、外国でどのように発音されているかが確定しない。

たとえば、フランスの首都はパリであるが、外国語表記では「Paris」である。フランス語では最後の「s」は発音しないから「パリ」だが、英語では「パリス」と「s」を発音する。

もしも「Paris」という名前の馬を、フランス人がフランス国内で所有しフランス国内で調教して競走に参加していた場合、カタカナ表記は「パリ」で異論ないところである。(それでも、できるだけ現地の発音に近づけようとすると「パヒ」のようになるのかもしれない。)しかし命名者がアメリカ人の場合は、彼は「パリス」のつもりで命名したと考えるのが自然である。また、フランス人所有であっても、フランスからアメリカに遠征に出れば、現地のアメリカ人には「パリス」と呼ばれるし、フランス人が所有しアメリカ国内で調教される場合や、途中で所有者が変わる場合、フランスで競走した後引退してアメリカに売却される場合など、どの時点での発音を採用するかでカタカナ表記は変動する可能性がある。

このように、命名の由来、命名者の発音、関係者の発音などが異なる場合、どれをカタカナ表記として採用するかの公式な規則はないため、扱う人によって表記が変わる。

2. 社会的に通例として普及している名称。

たとえば、「Mozart」という名前の馬がいた場合、これは音楽家の名前に由来するのであれば、日本での一般的な表記は「モーツァルト」である。仮にこの馬の関係者がすべてアメリカ人だった場合、彼らは「モザート」のように発音するので、そのとおりに表記するのであれば「モザート」が正確である。しかし、日本では「Mozart」を「モザート」と表記すると音楽家の名前とは通じなくなるため、「モーツァルト」が用いられる。

これは、現地の発音が確定しているにもかかわらず、日本での通例によって表記が変わる場合である。

さて、外国の馬名がカタカナで表現されて問題となるのは、以下の場合である。

1. 現役の競走馬として来日する。
2. 種牡馬か繁殖牝馬として輸入されて来日する。
3. 上記以外(来日しない)。

1の場合、ジャパンカップなどの国際競走に外国馬が出走すると、主催者であるJRAはその馬のカタカナ名を決める(このため例外的に日本の規則である「2文字以上9文字以下」の原則に当てはまらないカタカナで10文字以上の馬名の競走馬が出走する時がある)。 2の場合、その種牡馬ないし繁殖牝馬の所有者は、カタカナ表記を決める。

上記のいずれの場合も、最終的にはJRHR(財団法人日本軽種馬登録協会)が、当事者の申請を基に日本国内における公式な名称として登録する。そのカタカナ表記が妥当かどうか、センスがいいかどうかについて議論が起こることがある。いずれにしろ公式に使用する表記になるため、是否を問わず定着することになる。

3の場合は、いわゆる公式なカタカナ表記が制定されないため、議論が起こると決着がつかない。

以下は馬名表記が問題となった代表的な例である。

ピルサドスキー
1997年のジャパンカップに出走した同馬の名前は、原語表記では「Pilsudski」である。同馬のジャパンカップ出走時、JRAが馬主に対し馬名の発音を確認し、「ピルサドスキー」と表記することになっているが、1920年代のポーランドの国家主席、ユゼフ・ピウスツキ (Józef Klemens Piłsudski) 、あるいは、兄で民族学者のブロニスワフ・ピウスツキ (Bronisław Piotr Piłsudski) の名に由来する[2]。
一般に彼の名前は「ピルスツキ」とか「ピウスツキ」と表記され、例えば国立スラブ研究センターの出版物や在ポーランド日本大使館の公式サイトでも「ピウスツキ」と表記されている。
JRA賞馬事文化賞受賞者でダート競走格付け委員の山野浩一は著書『全日本フリーハンデ』のなかで次のように述べている。

特にピルサドスキーのような例は下手をすると外交問題にすら発展しかねないもので、外国で明治天皇の名を変なスペルで綴られたりしたら、やはり外務省は訂正を求めるのではないだろうか。(中略)抗議がなければどのような失礼なことも許されるというものではない。

ゲインズバラ
1918年にイギリスで三冠を達成した同馬の名前は、原語表記では「Gainsborough」である。18世紀の画家であるトマス・ゲインズバラに由来するとされている。
「Gainsborough」の「borough」は「エジンバラ」のように「バラ」と発音されるのが日本でも通例であるが、競走馬であるゲインズボローの名前が日本に紹介されたのは、1927年にイギリスから種牡馬トウルヌソルが輸入されて、大変良好な成績を収めた時である。まだゲインズボローが現役種牡馬であった1938年に日本で出版された『競馬と馬券の実際知識』」では「ゲーンスボロー」で、上述の山野浩一が1970年代に執筆した『名馬の血統』でも「ゲーンズボロー」の表記である。
「borough」を「ボロー」と読むのはアメリカ風で、日本ではこの馬の名前の後半の表記は長いこと「ボロー」で定着していたが、2000年代ごろから「バラ」の表記が見られるようになった。
エルバジェ
1980年代後半から1990年代前半にかけて、輸入種牡馬のシーホークの仔が活躍し、1990年にはアイネスフウジンが19万人の観衆の前で東京優駿を逃切り競馬ブームの象徴となった。当時話題になったのは、シーホークの父「Herbager」の日本語表記で、同馬はフランスで生産され、フランス人が所有し、フランス人が調教し、フランスで競走をした。そのため日本でもフランス名の「エルバジェ」と表記されるのが通例である。しかし同馬は引退後アメリカで種牡馬となっており、アメリカでは「ハーバージャー」と呼ばれている。シーホークはアメリカ種牡馬の仔であり、「ハーバージャー」に改めるべきだとの議論が一部でなされたが、現在でも日本国内ではほぼ「エルバジェ」に統一されている。
これと似たようなケースで、フランス産馬「Lyphard」は「リファール」と表記され、「リファード」と表記されるのは稀である。しかし、「Lyphard」のアメリカでの仔に「Lyphard's 〜」とつくものがいて、この場合は英語風に「リファーズ」と表記されている。
セントサイモン
19世紀末から20世紀にかけてイギリスで大成功を収めた歴史的名馬にして名種牡馬で、現在でも大きな影響力を持っている。馬名の由来はフランスの社会主義思想家のアンリ・ド・サン=シモンである。馬名は「St.Simon」で、由来に従えば「St.」の部分は「サン」、「Simon」は「シモン」と表記するのが原語に忠実である。しかし同馬はイギリス馬で、英語読みで「St.」は「セイント」と読まれるようになり、「Simon」も英語風に「サイモン」と表記されることが多かった。
歴史的には「サンシモン」「セントシモン」「セントサイモン」などの表記が用いられてきた。近年、もともとの命名にしたがって「サンシモン」と表記する場合がある。
ダンチヒ
1990年代後半から、カタカナ表記を論じる際に最も問題になる馬である。ダンチヒ自体は1991年〜1993年のアメリカのリーディングサイアーになったほどの重要な種牡馬で、日本にも子供が競走馬や種牡馬として多数輸入されている。原語での馬名は「Danzig」である。ポーランド出身のアメリカ人の所有馬であった。馬名の由来は、現在は「グダニスク」と呼ばれるポーランドの都市のドイツ支配時代の旧名であるとの説が有力である。
一方、ダンチヒの父であるノーザンダンサーには、著名な共産圏出身の舞踏家の名前が命名されることが多く、ニジンスキー、ヌレイエフ、リファールなどが有名で、これにならってオランダの舞踏家であるルディ・ファン・ダンツィヒの名に由来するとの説もある。
いずれにせよ、馬名の由来となった原語は、日本では現地の発音に近い「ダンチヒ」とか「ダンツィヒ」のように表記されるのが通例である。しかし、同馬はアメリカで生産され、アメリカ人が調教し、アメリカで競走し、アメリカで種牡馬となった馬である。アメリカ人は「Danzig」を「ダンジグ」のように発音するため、日本語表記を「ダンジグ」とする説にも正当な根拠がある。
幸か不幸か、現在までに名前に「Danzig」を持つ馬が外国馬として日本の競走に出走したことは無い。外国産馬としてはダンジグカラーズという馬が存在したが、これは日本で「ダンジグカラーズ」とカタカナで馬名登録を受けているので表記ゆれに関する問題は無い(もちろん同馬を「ダンチヒカラーズ」「ダンツィヒカラーズ」と呼ぶのは完全に誤りである)。


競走の格付表示

日本では競走の格付のため競馬の競走格付けという体系が導入されているが、複数のグレード制度が混在している。主なものには、国際的な基準で設けられている国際グレード、中央競馬が独自で定めるグレード、ダート競走で用いられる中央競馬と地方競馬で共通の統一グレード、地方競馬が独自で定めるグレード、中央競馬の障害競走でのみ用いられる障害グレードなどで、原則としてこれらには互換性が無い。これらのグレード制度が混同されて表示される事があるが、これは公正な商取引や競馬の国際化を妨げる一因となっている(詳しくは競馬の競走格付けを参照)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
現在の日本競馬が抱える制度上の課題3
外国競走馬の日本遠征

一方で、海外遠征の逆、すなわち日本遠征を行った外国競走馬に触れねばなるまい。

日本遠征を行った外国競走馬は1981年11月8日、JRA東京競馬場で行われた平場オープンに出走したインドのオウンオピニオンが最初である。この競走は同年に創設されたジャパンカップの前哨戦として行われた国際オープン戦であり、同馬は唯一出走した外国馬である。結果は7頭立て7着に終わり、本番のジャパンカップでも13着に敗れるが、優勝から4着までは外国馬が占める結果となった。以後の歴史は国際競走の項を参照して貰いたいが、「パート1」入りを果たした現在でも、遠征可能な日本の競走は100程度である。
海外における日本人ファンのマナーについて

2006年、ディープインパクトがフランスで行われた凱旋門賞に出走した際、現地へ渡航した日本人ファンのマナーが問題となった。彼らの一部は観戦のためによりよい場所を得るために競馬場の入場門が開門すると同時に疾走し、用意されたレーシングプログラムを奪い合った。また、パドックにおいて集団で大騒ぎをする者も現れ、ディープインパクトに騎乗してパドックを周回中であった武豊に静粛にするよう要求される場面もみられた。このような振る舞いの数々は現地のファンやマスコミの多くに批判され、あるいは冷笑されることとなった。


競走の格付表示

日本では競走の格付のため競馬の競走格付けという体系が導入されているが、複数のグレード制度が混在している。主なものには、国際的な基準で設けられている国際グレード、中央競馬が独自で定めるグレード、ダート競走で用いられる中央競馬と地方競馬で共通の統一グレード、地方競馬が独自で定めるグレード、中央競馬の障害競走でのみ用いられる障害グレードなどで、原則としてこれらには互換性が無い。これらのグレード制度が混同されて表示される事があるが、これは公正な商取引や競馬の国際化を妨げる一因となっている(詳しくは競馬の競走格付けを参照)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
現在の日本競馬が抱える制度上の課題2
日本における競馬の国際化
競走馬の海外遠征

外国の競馬は日本の競馬よりも出走制限はゆるく、外国の厩舎に所属していても多くの競走で出走できる。また、いくつかの競走では招待競走として、遠征費の負担も行ってくれた。

日本国内で調教された競走馬による海外遠征のうち、はっきりとした記録のある最古のものは、1909年(明治42年)のウラジオストック遠征である。前年に馬券が禁止されて意気消沈していた日本の競馬界に、ポーツマス条約による講和が成立した直後のロシアの競馬倶楽部から誘いがあり、帝室御賞典勝馬のスイテンを筆頭に50頭近くが大挙して遠征をした。日本国内の競走と同様、ほとんどの競走は日本産馬のみで行われたが、シベリア産やロシア産の馬との混合競走も行われ、スイテンは優勝戦でトップハンデでシベリア産馬に勝つなど、5戦5勝の遠征成績を収めた。ウラジオストックへの遠征はこれが最初で最後である。

太平洋戦争までは、朝鮮半島や台湾、満州でも競馬倶楽部が創設されて日本産の馬が出走したほか、大陸産(名目上は「日本国産」である)のサラブレッドやアラブ系種、さらには速歩用の馬が日本国内で出走していた。但し、海外遠征として特筆すべきものはない。

戦後最初の遠征は、1958年から1959年に掛けてハクチカラのアメリカ遠征である。1959年、ワシントンバースデーハンデキャップで初勝利。この際には保田隆芳騎手も一時期帯同して、保田騎手はこの際にモンキースタイルを習得してリーディングジョッキーの座を獲得。当時の日本の騎手は天神乗りが多かったが、保田騎手のモンキースタイルを真似て、日本でもモンキースタイルによる騎乗が主流となった。

その後、ワシントン国際招待ステークスに多くの馬が招待された、1962年のタカマガハラをはじめに多くの馬が挑戦したが、敗退の山を築いていった。

1966年から1967年にかけて、フジノオーがグランドナショナルを含む障害競走に出走し、2勝を収めた。

1986年に当時日本最強馬であったシンボリルドルフがアメリカに遠征したが、1戦で故障、そのまま引退を余儀なくされ、当時遠征中であったシリウスシンボリが1987年に帰国するとそれ以降はしばらく遠征が途絶えることとなる。

1993年から香港国際競走で日本馬が招待されることになると久々に遠征馬が現れるようになり、1995年に香港国際カップでフジヤマケンザンが海外GI初勝利(香港のローカルグレードによる。国際グレードはGIIだった)を収めると、その後香港遠征は毎年恒例のこととなった。

1997年にはホクトベガがドバイワールドカップに出走するも競走中の事故により故障を発症し安楽死処分となった。翌年現地ではホクトベガの名を冠した競走が施行されている。現在海外のレースで死亡した馬はホクトベガだけである。

1998年にシーキングザパールがモーリス・ド・ギース賞で日本調教馬による海外国際GI初勝利を収めた。その翌週にはタイキシャトルがジャック・ル・マロワ賞を制覇。年末にはミッドナイトベットが香港国際カップを制覇した。

1999年にはエルコンドルパサーが欧州遠征を行い、サンクルー大賞を制覇した。しかし、欧州最高峰競走の凱旋門賞は近年屈指の好メンバーと呼ばれた出走馬の中で、2着に惜敗。凱旋門賞同日のアベイユ・ド・ロンシャン賞でアグネスワールドが勝利を収める。

2000年もアグネスワールドは遠征を行った。ロイヤルアスコットのキングススタンドステークスでは、惜しくも2着であったが、続く欧州のスプリント最高峰の競走ジュライカップで2勝目を飾った。

2001年にステイゴールドが香港ヴァーズで日本産馬の日本調教馬による海外国際GI初勝利を収めた。2001年の香港国際競走は日本調教馬の勝利ラッシュで、エイシンプレストンが香港マイル、アグネスデジタルが香港カップと4つのうち3つの競走が日本調教馬の勝利であった。エイシンプレストンはその後も積極的に香港へ遠征し、2002年と翌2003年のクイーンエリザベス2世カップを連覇、日本調教馬初の海外同一GI連覇を果たした。

専ら外国への遠征は中央競馬所属馬が行っていたが、2005年に地方競馬の船橋所属のアジュディミツオーがドバイワールドカップに出走した。

この2005年にはシーザリオがアメリカンオークス招待ステークスを、ハットトリックが香港マイルを制覇したが、この2頭はともに角居勝彦調教師の管理馬であり、日本の調教師が同一年で外国での勝利馬を2頭出したのは初めての事である。

2006年には、コスモバルクがシンガポール航空インターナショナルカップを制し、地方競馬所属馬として初めて国際GI競走の勝利をもたらした。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
現在の日本競馬が抱える制度上の課題1
中央競馬と地方競馬の交流

日本の競馬は中央競馬と地方競馬の二つの競馬のシステムが並立しているが、同じ種類の競走を行い、かつ競走馬としても同じ種類のサラブレッドやアングロアラブを使っていることから二つの競馬の間の交流の歴史もある。この事柄ではそのような交流の歴史について説明する。

1972年以前は、中央競馬と地方競馬は同じ種類の競走を行いながら、主催者の違いにより、長年人馬の交流は限られたものであった。基本的には中央競馬所属馬(および騎手・調教師など)は中央競馬の競走のみ、地方競馬は自分が所属している主催者の地方競馬の競走のみに出走していた。他の競馬に出走するためには、現在の所属を離脱して他の競馬へ移籍しなければならなかった。たとえば、1954年の東京優駿優勝馬のゴールデンウエーブは、最初南関東に所属していたが、東京優駿への出走を目指して南関東から中央競馬に移籍をしている。ただし、この時期から既に南関東地区や東海地区など地域的な位置関係から、地方競馬の一部では地区同士の交流が行われていた。

そんな中で、1973年に東京競馬場で地方競馬招待競走が行われ、初めて中央競馬に地方競馬所属馬が出走した。翌年は大井競馬場で中央競馬招待競走が行われ、この2競走は隔年毎に交互に行われていった。

1981年には日本の代表馬と世界の名馬が激突するジャパンカップが創設されたが、その舞台にも地方競馬の代表馬も出走することができるようになったのは第3回(1983年)のダーリンググラス以降である。その後、1985年にはロッキータイガーが2着になった。

1986年に地方競馬招待競走と中央競馬招待競走は廃止され、地方競馬招待競走はオールカマーに、中央競馬招待競走は帝王賞にその役割を移すこととなった。また、中央競馬も地方競馬両方に競走馬を送る生産者の立場の人間が中心となって団体を作り、1989年、ホッカイドウ競馬にブリーダーズゴールドカップを新設し、この競走には中央競馬所属も地方競馬所属も隔てなく出走できるようにした。以降交流競走は年々微増していく。

その後、大きな転機となったのは1995年である。「開放元年」と称し、多くの改正が行われた。

* 多くの中央地方指定交流競走が設けられた。
o 指定競走:中央競馬なら地方競馬所属馬に、地方競馬なら中央競馬所属馬に出走を認める競走、交流競走:地方競馬が他地区所属馬に出走を認める競走。
* 中央競馬のグレードワンレースのトライアルに地区の代表馬の出走枠を設けて、所定の着順までに入ることでグレードワンレースの出走できる道筋を造った。
o その年に笠松のライデンリーダーが4歳牝馬特別を制し、牝馬三冠競走に全てに出走し、話題を作った。
o また、初年度という事もあり地方競馬側の準備は整いきっていなかったが、それでもライデンリーダーの他、足利のハシノタイユウ(皐月賞)、笠松のベッスルキング(菊花賞)がトライアルで上位入着しGIに出走している。
* 東京大賞典などの地方競馬の大レースと呼ばれる競走に中央馬の出走枠を設けた[1]
o 1995年にライブリマウントが各地の地方競馬場で強さを見せつけた。またこの年のエンプレス杯でホクトベガが18馬身の圧勝劇を演じたのは川崎競馬場であった。このように多くの競走で中央競馬所属馬と地方競馬所属馬の対戦が行われるようになった。
* 地方競馬の2歳馬戦に認定競走制度を導入し、この認定競走に勝利した競走馬に対しては中央競馬の特別指定競走へ地方競馬に所属したまま出走できる資格を与え、また中央競馬への移籍に対しては、従来の馬房数とは別に、認定馬房による移籍を認めた。
* 地方競馬と中央競馬の条件級競走馬による中央指定競走も1994年より行われる。

1997年4月からは中央地方に関係の無い統一グレード制を導入することとなり、ダートグレード競走が始まった。

1999年、地方競馬場の水沢競馬の生え抜きの地元最強馬であったメイセイオペラが東京競馬場でのフェブラリーステークスで地方所属馬初の中央競馬GI勝利を果たした

2001年からダート競馬の祭典としてJBC(ジャパン・ブリーディング・ファームズカップ)が新設された。第1回は大井で開催された。

2004年、コスモバルクがホッカイドウ競馬所属のままでクラシック三冠・ジャパンカップ・有馬記念に出走。惜しくも勝ち星は挙げられなかったが、地方の星として脚光を浴びる存在となった。

以上は主に競走馬においての歴史であるが、騎手・調教師などにおいては依然として移籍の敷居は高く(これは地方競馬間でも同様である)、地方競馬出身で中央に移籍した騎手も数人であり、調教師はゼロである。

もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
日本の競馬の歴史
日本において西洋式の競馬が行われるようになったのは19世紀後半のことであり、横浜の外国人居留地で外国人によって行われたものがその起源とされる。まもなく日本人が西洋式競馬に倣い馬券の発売を伴った競馬開催が行われるようになった。当時の国産馬は西洋の馬と比べて質が劣っており、品種改良と競争(競馬)を通して良質の軍馬を調達しようと国も積極的に競馬を奨励した。はじめ馬券の発売には法的根拠がなかったが、1923年に(旧)競馬法によって法的根拠が与えられた。日本競馬会の発足とともに政府が深く関与する競馬が全国的な統一組織のもとで開催されるようになり、そうした競馬は国営競馬を経て中央競馬へと受け継がれている。一方戦後、かつての地方競馬規則に基づく地方競馬や鍛錬馬競走を継承する形で地方公共団体を主催者とする地方競馬が行われるようになった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
最高額配当記録
* 中央競馬では2005年10月22日に開催された東京競馬第12 競走(16頭立て)において、3番ゼンノエキスプレス(16番人気)→11番カネスベネフィット(12番人気)→4番ケイアイカールトン(3番人気)の順に入り、3連単の配当が1846万9120円(3360通り中3344番人気、総票数450万4663票中的中票数18票)となったのが最高記録である。この記録は中央・地方を両方を含めた国内競馬全体のみならず、国内の公営競技全体においても史上最高額である。

* 重賞競走では2005年8月21日に開催された札幌競馬第9競走「第41回札幌記念(GII)」の3連単の配当275万9500円が、またGI競走では2006年10月1日に開催された中山競馬第11競走「第40回スプリンターズステークス」の3連単の配当263万7570円が史上最高額となっている。

* 地方競馬では2005年5月13日に開催された大井競馬第2 競走(14頭立て)において、12番ベルモントジャイブ(10番人気)→11番レールッコ(11番人気)→4番チャームブリッジ(13番人気)の順に入り、3連単の配当が1300万390円(2184通り中1906番人気、総票数17万6157票中的中票数1票)となったのが最高額である。
* アメリカでは、2005年5月7日に開催された「第131回ケンタッキーダービー」で4連単が86万4253.5倍、日本円に換算して(当時の為替レート、1ドル=105円で計算)、およそ9074万6617円という超高額配当が出ている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
高額配当
「勝馬投票」をする人たち、つまり馬券を買う人たちはレース終了後の配当が大きくなることを期待する。配当が100倍を超える馬券、つまり100円あたりの払戻金が1万円を超える馬券のことを『万馬券』と言う。また2002年に誕生した馬番号三連勝複式(3連複)や2004年に誕生した三連勝単式(3連単)の登場で若しも10万円(1000倍)を超えると十万馬券、100万円(1万倍)を超えると百万馬券、そして1000万円(10万倍)を超えると一千万馬券と言われる。

2005年4月9日には福島競馬場で初の1000万馬券が発生した。その1ヶ月後の5月13日には大井競馬場で史上2度目の1000万馬券が飛び出し、記録したばかりの最高配当記録が更新されるまでに至る。しかも的中したのは発売176157票中たったの1票(=100円)だけだった。さらに10月22日には東京競馬場で 1846万馬券が誕生、2000万馬券も間近という大万馬券となった。

様々な理由により(理由が明確にならないことも多い)、何年も続けて高額配当となる競走がある。そのような競走のことを「荒れる競走」と呼ぶことがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
馬券と予想
競馬では、主に勝馬投票券(馬券)が発売されており、行っている者からしてみればスポーツであると同時に、観戦者からしてみれば、勝ち馬を予想するして金を賭けるギャンブルである。勝ち馬を予想する行為は、古くから行われており、日本でも洋式競馬が導入されて19世紀から既に馬券があったことは歴史の項目でも触れたことである。勝ち馬を予想する方法については、古くからさまざまな模索がなされてきた。競馬新聞や馬券予想会社など、金銭と引き換えに他人に自分たちの予想を教える人たちもいる。また、自分が考え出した予想の方法を著作として出版する場合もある。(予想 (競馬)を参照)。

馬券を購入するにはつぎの場所や方法がある。

1. 開催中の競馬場(本場)や開催していない競馬場での場間場外で購入する
2. WINSなどの場外勝馬投票券発売所で購入する
3. PAT会員となり、電話やインターネットを利用する

最近では競馬への参加をより容易にし、ノミ屋などの私設馬券販売を防止するために、3.の方法の拡大をすすめている。なお、馬券は未成年者は購入できない。

ちなみに、競馬についての規制は国ごとに以下のように異なっている。

* 18歳未満は競馬場の入場・馬券購入禁止:香港、シンガポール
* 18歳未満は馬券購入禁止(競馬場への入場は可能:保護者同伴が条件である場合を含む):南アフリカ共和国
* アイルランドでは馬券は老若男女購入できる。
* 20歳未満は馬券購入禁止(競馬場への入場は可能):日本
* 州によって異なる:アメリカ(馬券の発売が禁止されている州もある)
* 宗教的な理由により馬券の発売が行われていない:アラブ首長国連邦(ただし、その代わり、イベントとして勝ち馬を予想して、的中者に景品が当たるくじが配布されている)
競馬では、主に勝馬投票券(馬券)が発売されており、行っている者からしてみればスポーツであると同時に、観戦者からしてみれば、勝ち馬を予想するして金を賭けるギャンブルである。勝ち馬を予想する行為は、古くから行われており、日本でも洋式競馬が導入されて19世紀から既に馬券があったことは歴史の項目でも触れたことである。勝ち馬を予想する方法については、古くからさまざまな模索がなされてきた。競馬新聞や馬券予想会社など、金銭と引き換えに他人に自分たちの予想を教える人たちもいる。また、自分が考え出した予想の方法を著作として出版する場合もある。(予想 (競馬)を参照)。

馬券を購入するにはつぎの場所や方法がある。

1. 開催中の競馬場(本場)や開催していない競馬場での場間場外で購入する
2. WINSなどの場外勝馬投票券発売所で購入する
3. PAT会員となり、電話やインターネットを利用する

最近では競馬への参加をより容易にし、ノミ屋などの私設馬券販売を防止するために、3.の方法の拡大をすすめている。なお、馬券は未成年者は購入できない。

ちなみに、競馬についての規制は国ごとに以下のように異なっている。

* 18歳未満は競馬場の入場・馬券購入禁止:香港、シンガポール
* 18歳未満は馬券購入禁止(競馬場への入場は可能:保護者同伴が条件である場合を含む):南アフリカ共和国
* アイルランドでは馬券は老若男女購入できる。
* 20歳未満は馬券購入禁止(競馬場への入場は可能):日本
* 州によって異なる:アメリカ(馬券の発売が禁止されている州もある)
* 宗教的な理由により馬券の発売が行われていない:アラブ首長国連邦(ただし、その代わり、イベントとして勝ち馬を予想して、的中者に景品が当たるくじが配布されている)
競馬では、主に勝馬投票券(馬券)が発売されており、行っている者からしてみればスポーツであると同時に、観戦者からしてみれば、勝ち馬を予想するして金を賭けるギャンブルである。勝ち馬を予想する行為は、古くから行われており、日本でも洋式競馬が導入されて19世紀から既に馬券があったことは歴史の項目でも触れたことである。勝ち馬を予想する方法については、古くからさまざまな模索がなされてきた。競馬新聞や馬券予想会社など、金銭と引き換えに他人に自分たちの予想を教える人たちもいる。また、自分が考え出した予想の方法を著作として出版する場合もある。(予想 (競馬)を参照)。

馬券を購入するにはつぎの場所や方法がある。

1. 開催中の競馬場(本場)や開催していない競馬場での場間場外で購入する
2. WINSなどの場外勝馬投票券発売所で購入する
3. PAT会員となり、電話やインターネットを利用する

最近では競馬への参加をより容易にし、ノミ屋などの私設馬券販売を防止するために、3.の方法の拡大をすすめている。なお、馬券は未成年者は購入できない。

ちなみに、競馬についての規制は国ごとに以下のように異なっている。

* 18歳未満は競馬場の入場・馬券購入禁止:香港、シンガポール
* 18歳未満は馬券購入禁止(競馬場への入場は可能:保護者同伴が条件である場合を含む):南アフリカ共和国
* アイルランドでは馬券は老若男女購入できる。
* 20歳未満は馬券購入禁止(競馬場への入場は可能):日本
* 州によって異なる:アメリカ(馬券の発売が禁止されている州もある)
* 宗教的な理由により馬券の発売が行われていない:アラブ首長国連邦(ただし、その代わり、イベントとして勝ち馬を予想して、的中者に景品が当たるくじが配布されている)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
競馬の文化
イギリスをはじめとして日本より古くから競馬に親しんできた西洋においては、競馬は単なるスポーツやギャンブルとしてでなく、音楽、文学、絵画、彫刻などの創作活動の主題として取り上げられたり、社会制度にも入り込んで一連の馬事文化を形成している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 6 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
歴史
ウマの速さを競わせること自体は有史以前、ウマが家畜化された頃から行われていたと考えられている。古代ローマ帝国およびそれを引き継いだ東ローマ帝国などでは、映画『ベン・ハー』に見られるような戦車を引いたウマによる競争(現在行われている繋駕速歩競走は、この戦車競争の伝統を引き継いだものである)が行われていた。日本の平安時代の文献にも競馬(くらべうま)という表記あった。ローマやコンスタンティノポリスなどには大きな競馬場が建設され、東ローマ時代には国家的な行事として競走が開催されていた。また、ユーラシア内陸部の遊牧民族の間では、現在でもモンゴル族などで行われているようなウマの競走が行われていた。

現在のような、明確なルールにのっとった上でのウマの競走(近代競馬)は16世紀のイングランドに始まったとされ、17世紀にはフランスやアイルランド、19世紀にはドイツやイタリアでも行われるようになった。また、17世紀以降は、ヨーロッパ諸国の植民地であった国々を中心に、アメリカ・アジア・アフリカ・オセアニアなどの地域においても近代競馬が行われるようになった。

英国では18世紀後半頃まではマッチレースが主体であったが、競馬が産業としての要素を持ち始めた頃から衰退している。19世紀には競馬場は英国上流階級の社交場となり、この伝統は現在まで続いている。

競馬の歴史に関する詳細については競馬の歴史を参照。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
もっと詳しい情報ほしい方は→こちら!
Posted by
Category : 競馬って?
0 Comments / 77 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
<< | 2/3PAGES | >>